サプリメント産業

現代の日本人は栄養不足であることが一般的に知られるようになり、これからの日本は超高齢化社会に突入することも確定しています。そのため、健康食品やサプリメント産業は現在の2倍の潜在ポテンシャルがあると推測されています。

そして、現時点でサプリメント産業を支えているのは40代以上であることが分かっています。もっとも食に関して敏感の世代にサプリメントを利用している人が多いということは、それだけサプリメントを服用することに対して抵抗感も薄れてきているということかもしれませんね。

また、栄養不足であることの危機感ということもあるのかもしれません。そして、健康意識が高まっている証拠でもあるということでしょう。

そんなサプリメント産業ですが、現在ではたくさんの種類が商品として販売されています。では、どのようなサプリメントが人気なのでしょうか?

ある調査によると、最も需要があるカテゴリーは"美肌・肌ケア"であることが分かりました。次いで"健康維持・増進"、"関節の健康"という結果になったそうです。

これらを考えると、関節や疲労、眼や整腸などの体内改善のために利用することが多く、また健康増進や老化防止、血液サラサラなどの予防を考慮しての利用も多いことがわかります。