コラーゲン生成

最近になって美肌に効果が高いとされ、注目されている成分としてコラーゲンがあります。このコラーゲンはたんぱく質のひとつで、体の構成に関係しているタンパク質の約30%を占めています。そのコラーゲンの約40%は皮膚に、約10〜20%は骨や軟骨に存在していると言われています。

細胞同士を結びつける役割を担っているコラーゲン。骨や軟骨、皮膚、内臓の内側に存在しているため、体の内側から他の組織を支え、細胞や組織を結び、外との境界をつくる役割があります。

そして、皮膚や腱では弾力に優れた強固なコラーゲンが生成されています。

コラーゲンは20代をピークに減少すると言われています。人間は新陳代謝を繰り返して、その量を保とうとしますが加齢と共に新陳代謝の速度は衰えていきます。そのため、20代に比べて60代では約75%にまで減少するとされています。

また、紫外線やストレスによって、その質が低下することも分かっており、それが原因となって肌のハリが失われたり、骨や関節がもろくなると考えられています。

さらにコラーゲン不足は血管のしなやかさが失われることにつながり、動脈硬化を引き起こすとも言われています。高血糖や高脂血症も古いコラーゲンの増加であることが要因となっていることも考えられているとされています。